OFFICIAL BLOG

小池 美波 公式ブログ

2020 12

31

‪‪☺︎‬

MINAMI KOIKE


こんにちは。


今年も残すところ、
本日のみとなりました。


2020年は誰もが思うように色んな事が出来ず、もどかしさを感じたり、悔しさを感じる1年であったのではないでしょうか。


私にとって上半期は特に
今年に入ってすぐに色んな出来事があり、
ファンの皆様に不安や心配をかけてしまっている中で、世界的にも大変な世の中になり何も出来ない自分へのもどかしさや、悔しさでいっぱいになる期間でした。


いつもならあまり見ないネットニュースなどもその期間は色んな情報を取り入れようと自然と見るようになって、その中でグループのニュースがいくつか目に入ってしまい、見たくない言葉だけが色濃く見えて、その言葉たちばかりが目に飛び込んできたり。


その言葉の刃がその時はより鋭く感じ、深く心に刺さり、辛くなってしまった時もありました。


そんな時に皆さんから頂いたレターや、
ネットなどでハッシュタグを付けた、たくさんの愛で溢れる言葉は自分にとっては凄く心の支えであり、救いであり、糧でありました。


こんな時だからこそ、今自分が出来ることは全て皆さんに届けたいと感じたり、自分には足らない事がまだまだたくさんあるのでこの期間に少しでも補えるように勉強したり、動いてみたり。


気付いたら、見てしまった鋭い言葉たちが自分にとってはやる気や、「ここで負けてたまるか」という前向きな気持ちに変化するようになっていたり、自分にとっての新たな目標が小さなことから大きなことまでたくさん出来たりしました。


そしてこの期間に一番自分が感じたことは、
今まで自分が思っていた以上に
グループとメンバーのことが本当に大好きなんだな、と。


そしてどんな時も支えて下さり、
グループがどんな姿であっても応援して下さっていたファンの皆さんの存在が自分の中でどれほど大きな存在なのかと。


だからこそ自粛期間が開けた時は今まで以上に頑張らなくてはいけないと、自分にとって大事なものは自分で支えて守りたいと、この場所で自分が出来ることを全うしたいと強く思うようになりました。
 

そして私たちにとって大きな転機となった、
グループ名の改名。


「櫻坂46」に改名するという大きな決断をし、心機一転、もう一度新たな道を歩むという事はただならぬ覚悟が必要でありました。


そして本日。12月31日。


今年はお家で来年に繋がるものを
沢山学ぼうと感じていたNHK紅白歌合戦。


まさかデビューして間も無い私たちが
年末の大舞台である紅白歌合戦に出場させて頂けるという事を初め聞いた時は驚きと緊張とでいっぱいでした。


櫻坂46の1stシングルである、
「Nobody's fault」を
紅白歌合戦で披露させていただきます。


今の自分にとって、
"誰のせいでもない"というタイトルは、
強く心に残る言葉でありました。


"誰のせいでもない"からこその、
苦しさやもどかしさもきっとあるのです。
そんな中でも進まなくちゃいけない事は
かなりの勇気が必要な事と思います。


だからこそ、この曲を歌とパフォーマンスで
たくさんの方に届けられるように、
私たちの新たな一歩目を歩む姿が観て下さる誰かにとっての勇気に繋げられればと思っています。


今も緊張していますが、
このような状況の中でありながらも
櫻坂46、26人全員で紅白歌合戦に出場させて頂けることに感謝をし、たくさんの方にこの楽曲が届けられるように精一杯頑張りたいと思います。


そして、いつも応援して下さっている
ファンの皆さんへの感謝の気持ちも込めて。


是非、NHK紅白歌合戦観てください。‪‪☺︎‬


この一年間も本当にありがとうございました。


 
 

 
 
2021年は皆さんに直接会えますように。🐮
 
 
体調崩さないように
年末年始をお過ごしくださいね。
 
 
来年もよろしくお願い致します。
 
 
では、良いお年を。
 
 
みい。

小池 美波

2020/12/31 11:20

メンバー別
ブログ